Month: 11月 2016

今までにないくらい長く続く雨降り。そろそろ晴れてくれないかなぁ

6月と7月は、週末は必ず雨が降り、何にもできないでいた。
季節に係る行事が、どうにか晴れてくれた以外は、ほとんど雨が続いていて、
除湿器はフル稼働。
それでも間に合っていなくて、洗濯物がなかなか乾かない日が続いている。

去年は、トイレがかびてしまった。
除湿剤を置いていたし、結露はマメにふき取っていたにもかかわらず、あっという間にかびていった。
トイレだけではなくて、壁とトイレタンク裏も、ものすごかった。
アルコールを使いまくって、体調が悪くなってしまうほど使った。

今年は、畳がかびていた。
住宅の都合上、畳が傷まないようにカーペットを敷くことになっている。
遊びに来た人がお茶をひっくり返したため、カーペットをめくって、染みていないか確認をした際に気づいた。
とりあえず、キッチン用アルコールを噴霧。
使ったところは、今のところ何でもない。
本当は、エタノールを使いたいところだったけど、自宅にはなかったんだよね。

今年は、異常なくらい雨が多くて、いつもよりも。
除湿器を稼働させない日がないくらい朝からずっとフル稼働。
数時間でタンクはすぐに満水になる。

そろそろ晴れてくれないと、除湿器も壊れてしまいそうだし、自分も元気が出ないよ。
なぜか、ラジオ体操の時間帯だけは雨が上がるという、不思議な状況になっている。
本当に雨が降ってやらなかった日は、1日くらいかな。
あとは、ずっと雨。

お日様のありがたみを知る、いい機会になったなぁ。お金借りる 急ぎ

E.H.ゴンブリッチ著『アートの話』を読んだ

誠にお喋りに古本屋を物色しているときにふと購入した、E.H.ゴンブリッチのThe Story of Arts(邦訳『芸術のはなし』)を、ひと月ぐらいかけて読み終わりました。
芸術史に期待があったわけでもありませんが、500円のわりに、大判500ウェブサイトに400ほどのカラーイラストレーションが収録されて掛かることに惹かれてたまたま買っておいたのを、一年中少しずつ、踏みしめるように読んでいったのです。事項は定評のある芸術史で、Englishも明確、時と時がバトンを引き渡すようにずっと展開して行くゴンブリッチの筆致は、芸術に興味のない読み手でさえ、夢中にさせて仕舞うほどだ。
こうした形で、最初冊の文献で芸術の年数を俯瞰するチャレンジは初めてでしたが、何かとおもうところがありました。中でもルネッサンスが芸術史に果たした内容のがたいが理解できました。レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロ、こういう二人の神童は、数多くの神童が織りなす芸術史にあってもなお取り敢えず輝きを放つ言わば「超神童」ですことを嫌でももらいさせられました。1950階層に初回がデビューされ、今や古典となった『芸術のはなし』ですが、芸術の風土への第一歩として、きつくおすすめします。キレイモ 無料カウンセリング 予約